「ペトロヴィッチ監督」タグアーカイブ

ACLホーム開幕戦、ブリスベン・ロアーに敗戦。ペトロヴィッチ監督は限界か。

ACLホーム開幕戦は埼玉スタジアムにてブリスベン・ロアーに敗戦。これで今季3試合が連続敗戦となりました。

FUJI XEROX SUPER CUP 2015試合後会見で「みなさんに聞きたいのは、サッカーのルールで。。。」 この発言には驚きましたがブリスベン・ロアー戦後の試合後会見でペトロヴィッチ監督は、「クラブが私でない方がいいと言うなら(進退は)クラブの上層部が決めればいい」と発言しました。このようなことを公の場で浦和レッズの監督として話すようなことでしょうか?ブーイングにもかなり気にしているようですが、こんな精神状態ではそもそもいいサッカーができないかと思いますしペトロヴィッチ監督には限界を感じてしまいます。

★ACLホーム開幕戦試合結果

AFCチャンピオンズリーグ2015 グループステージ MD2
2015年3月4日(水)19:30キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 0-1(前半0-1) ブリスベン・ロアー
得点者:3分 ボレロ(ブリスベン)
入場者数:13,527人

スタメン:
GK:西川
DF:森脇、那須、槙野
MF:加賀、啓太、阿部、宇賀神、柏木
FW:興梠、ズラタン
SUB:大谷、橋本、青木、石原、梅崎、武藤、李

交代:
HT ズラタン→石原直樹
HT 加賀健一→梅崎司
83分 鈴木啓太→李忠成

退場:
51分 那須大亮


2015浦和レッズ、ペトロヴィッチ監督の続投を正式発表

浦和レッズは、ミハイロ ペトロヴィッチ監督と契約を更新することで合意し2015シーズンも引き続き指揮を執ることを正式発表いたしました。まだ2014シーズンは終わっていませんが2014シーズンは既にナビスコカップ、天皇杯は敗退していますが2014 Jリーグは絶対に優勝し、更なる飛躍を2015シーズンで成し遂げて欲しいと思います。ペトロヴィッチ監督は2004年から2006年まで指揮を執ったギド・ブッフバルトの3シーズンを超えてクラブ最長監督となります。


【氏名】ミハイロ ペトロヴィッチ MIHAILO PETROVIC
【生年月日】1957年10月18日生まれ(56歳)
【国籍】オーストリア
【出身地】ロズニツァ(旧ユーゴスラビア 現セルビア)

【選手としての経歴】
FKラド・ベオグラード(ユーゴスラビア)→レッドスター・ベオグラード(ユーゴスラビア)→ローター・シュテルム・ベオグラード(ユーゴスラビア)→オリンピア・ライバッハ(ユーゴスラビア)→ディナモ・サグレブ(ユーゴスラビア)→SKシュトルム・グラーツ(オーストリア)
ユーゴスラビア代表:1試合(1980年)

【指導者としての経歴】
1993~1994 SVペラウ(オーストリア) 監督
1994~1998 シュトルム・グラーツ アマチュア(オーストリア) 監督
1998~1999 NKプリモアージェ(スロベニア) 監督
1999~2000 NKドモザーレ(スロベニア) 監督
2000~2001 NKプリモアージェ(スロベニア) 監督
2001~2002 オリンピア・ライバッハ(スロベニア) 監督
2002~2003 NKムラ(スロベニア) コーチ
2003.9~2006.5 シュトルム・グラーツ(オーストリア) 監督
2006.6~2011 サンフレッチェ広島 監督
2012~ 浦和レッドダイヤモンズ 監督

【2014シーズン成績(10/6現在)】
Jリーグ ディビジョン1 17勝5分5敗 勝ち点56 1位
Jリーグヤマザキナビスコカップ ベスト8
第94回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦敗退

浦和レッズオフィシャル
www.urawa-reds.co.jp/