FUJI XEROX SUPER CUP 2015 ガンバ大阪戦は2−0で敗戦。ターンオーバーの効果も現れず。

またしてもガンバ大阪に敗戦。それは昨年終盤の再現のようでした。
補強効果、ターンオーバーの効果も現れずどこが昨シーズンと違うの?と言いたくなります。

試合後のペトロヴィッチ監督のコメント:


「我々は水曜日にACLを戦い、木曜日の朝にあちらを発って、夕方に戻りました。実質中1日でのゲームです。ガンバはACLのホームゲームを火曜日に戦っています。」

「みなさんに聞きたいのは、サッカーのルールで、相手選手の蹴ったボールがオフサイドポジションにいた我々の選手にわたったときに、それがオフサイドの判定になるのかどうか。みなさんはサッカーのルールをどのように理解していますか?ガンバの選手がゴールキーパーにバックパスしたのを手でキャッチしたら、それは間接FKになるのかならないのか。みなさんが知っていたら教えていただきたいです。」

浦和レッズオフィシャル
www.urawa-reds.co.jp/

今後、このような発言は控えたほうがいいと思いますが。敗戦の言い訳としか。。。

★試合結果
FUJI XEROX SUPER CUP 2015
2015年2月28日(土) 13:35・日産スタジアム
ガンバ大阪 2-0(前半0-0) 浦和レッズ
得点者:68分 宇佐美貴史(G大阪)、90+4分 パトリック(G大阪)
入場者数:47,666人

スタメン:
GK:西川
DF:森脇、那須、槙野
MF:平川、柏木、阿部、関根、梅崎、高木
FW:李
SUB:岩舘、加賀、青木、啓太、小島、武藤、ズラタン

選手交代:
56分 高木俊幸→ズラタン
72分 梅崎司→武藤雄樹
87分 那須大亮→鈴木啓太

警告:
11分 関根貴大
48分 梅崎司
86分 森脇良太

賞金:
ガンバ大阪、3000万円
浦和レッズ、2000万円