ACL MD5 水原三星ブルーウィングスに敗戦しACL敗退が決定

ACL開幕前には2015シーズンはACL制覇!という目標もありましたが終わってみれば5試合でわずかに勝ち点1のみで敗退が決定。目標と結果の差はあまりにも大きく言葉がありません。もともとの目標自体が希望的観測からなのか、これが浦和レッズの実力なのか、韓国,中国クラブの台頭なのか充分に検証することが今後のために重要です。ここ数年は同じことの繰り返しですから。


ミシャ監督:
「私は、見ている人の誰もが納得するような言い訳を並べられるような監督ではありません。それでも、何かが足りなかったのです。もし、みなさんがその理由をご存じなら言っていただいて構いませんし、批判をされることに対する準備はできているつもりです」

水原三星ブルーウィングスのソ・ジョンウォン監督:
「今回の試合を前に、浦和のJリーグでの試合を映像で分析した。各選手の動きまで徹底的に把握し、それに合わせた守備と戦術を作り上げた。2試合とも勝利できたのは、分析の力だと考えている」

★試合結果
AFCチャンピオンズリーグ2015 グループステージ MD5
2015年4月21日(火)19:30キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-2(前半0-0) 水原三星ブルーウィングス
得点者:69分 ズラタン、74分 コ チャウォン(水原三星)、89分 カイオ(水原三星)
入場者数:13,924人

交代:
HT 橋本和→ズラタン
HT 加賀健一→梅崎司
HT 鈴木啓太→阿部勇樹

スタメン:
GK:西川
DF:加賀、永田、槙野
MF:平川、啓太、青木、橋本、柏木、高木
FW:李
SUB:大谷、岡本、阿部、小島、茂木、梅崎、ズラタン