ACL開幕戦、水原三星ブルーウィングスに終了間際に失点し敗戦。

ACL開幕戦ということで期待していたのですが。
試合結果はまるで昨年終盤の浦和レッズ失速の再現のようでした。

いまだに、『勝負弱さを解決できていない。』
まだ2015シーズンは始まったばかりですがこれからの浦和レッズにかなり不安を感じる開幕戦となってしまいました。

★試合結果
ACLグループステージ MD1
2015年2月25日(水) 19:30キックオフ・水原ワールドカップスタジアム
水原三星ブルーウィングス 2-1(前半0-1) 浦和レッズ
得点者:45+1分 森脇良太、56分 オ ボムソク(水原三星)、87分 レオ(水原三星)
入場者数:13,846人

交代:
62分 柏木陽介→李忠成
63分 青木拓矢→鈴木啓太

警告:
50分 青木拓矢

ミシャ監督:
ゲームの内容、チャンスの数を見れば引き分けが妥当な結果であったと思っています。選手たちは負けない戦い方をしなくては行けなかったとは思います。ただ、失点の部分に関して我々は非常に不運だったと思っています。

森脇良太:
第2戦を戦う前に、すぐにゼロックススーパーカップという公式戦が続くので、落ち込んでいる暇はありません。