2014レッズフェスタ 駒場に1万6,600人が来場!

2014年2月2日、浦和駒場スタジアムでレッズフェスタ2014が開催され、浦和レッズのトップチームとレディースの選手、1万6,600人のファン・サポーターが参加しました。

★サイン会、グッズやシーズンチケット販売ブースでの接客、アトラクション、記念撮影
★スタジアムMC『GO REDS GO!!』のパーソナリティーでおなじみの朝井夏海さんと共に、槙野智章と柏木陽介が交代でDJを担当
★2013シーズン限りで現役を引退した山田暢久、堀之内 聖、安田有希さんの引退セレモニー
★オープニングセレモニー 淵田敬三代表が挨拶
★レッズファミリーであるハートフルクラブ、ジュニア、ジュニアユース、レディースジュニアユース、レディースユースの紹介
★ミシャ監督 「私が来てから3シーズン目を迎えます。タイトルを目指して戦っていきたいと思います。一緒に戦っていきましょう」
★昨シーズン400試合出場を記録した阿部勇樹への花束贈呈


【原口元気】
「最後のスピーチがうまくいって良かったです。すごく緊張したんですが、自分の思いは伝えられたと思います。紅組のキャプテンでしたが、キャプテンはあまりやったことがないのですが、楽しめたので良かったと思います。スピーチをどうだと言われたときに、今までだったら断っていたと思いますが、ここで自分の気持ちを言っておきたかったので、やらせてほしいと言いました」

【西川周作】
「こんなにたくさんの方が入ったファン感謝イベントは初めてだったので楽しかったです。期待の声もいただいたので、ピッチの上で恩返しできるように、みんなで喜べるように頑張ります。レッズのファン・サポーターの方々は僕が思っていた以上に歓迎してくれていました。それが嬉しくて、ピッチで結果を残すことが恩返しになると思います。『西川頼むぞ、最少失点頼むぞ』という声をもらいました。目標を言っている以上はそれを達成したいと思いますし、達成できれば勝ち取るものがあると思います。僕自身、勝負の年だと思って浦和に来たので、たくさんの方と勝って喜びたいです」

【李 忠成】
「すごく力をもらいました。本当にたくさんの方々が浦和レッズをサポートして支えているんだと、肌で感じました。『期待しているぞ』という声が一番多かったですし、すごく自分の胸にも突き刺さっています。レッズのサポーターは熱いですね。大好きです」

【森脇良太】
「フェスタで去年はかなりの失態?!をしていたので、今シーズンを始めるにあたって変なことはできないという思いで入ったのですが、相変わらずファン・サポーターのみなさんからブーイングを受けて、去年とさほど変わらなかったなという印象でした(苦笑)。でも、大いに盛り上がって楽しいフェスタになりました」

www.urawa-reds.co.jp/topteamtopics/ファンとのふれあいに溢れた「reds-festa2014」/