2013浦和レッズ売上は約57億円、純利益9,200万円で3期連続黒字を達成

浦和レッズオフィシャルサイトが2013年度経営情報を開示、公開いたしました。

★浦和レッズ2013シーズン

・リーグ戦では終盤まで優勝争いを演じたが6位
・AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の出場権を逃す
・リーグ戦ホームゲームの平均入場者数が、37,100名(前年度比466名増)と2年連続で増加
・営業収入5,786百万円 営業利益153百万円 当期純利益92百万円で3期連続黒字
・収入の3本柱である「入場料収入」「広告料収入(パートナー収入)」「グッズ収入」は、2年連続の増収

2013シーズンはチーム成績はいまひとつでしたが売上等は順調に推移し3期連続黒字を達成できたようです。

2014シーズンは横断幕問題により1億円の損失の模様で、もしこのまま今季が2013シーズン並に推移しますと当期純利益がちょうどゼロとなるような感じです。
今シーズンはまだまだ先は長いですが今後魅力的な試合をすれば観客動員アップで入場料収入の伸びは期待でき黒字も可能と思われます。

2013年度経営情報開示と同時に役員人事についてとクラブの組織体制・人事の見直しについても発表されました。


役員人事について
【浦和レッドダイヤモンズ株式会社】
代表取締役社長
淵田 敬三(重任)
取締役
堀 敬介 (重任)
取締役
清水 勇人(重任) さいたま市長
取締役
岩﨑 康夫(重任) 埼玉県副知事
取締役
安田 格 (重任) 埼玉縣信用金庫
取締役
大道 正夫(新任) 三菱自動車工業株式会社
取締役
池部 洋二(新任) 三菱自動車工業株式会社
監査役
佐藤 正志(新任) 三菱自動車工業株式会社
www.urawa-reds.co.jp/clubinfo/役員人事について-10/