第34節 名古屋に敗戦し2位で2014シーズン終了。淵田敬三社長の挨拶には大ブーイング

★淵田敬三社長のホーム最終戦の挨拶、大ブーイングにかき消される
★坪井には拍手 涙のセレモニー「共に泣いてくれて…」
「きょうは申し訳なかったです。この敗戦を乗り越え、さらに強くなってくれると信じてます。共に楽しみ、喜び、共に苦しみ、泣いてくれてありがとう。違うユニホームで走り続けることになりますが、ともに走り続けましょう」
★名古屋、闘莉王に古巣サポーターから大拍手
「男は男である限り、男にならないと。俺のやることはぶれていないし、いくらブーイングされようと、6年間、ここで本当に世話になった。浦和のサポーターをリスペクトしている」
★原口元気ツイッター
がんばれみんな、最後まで応援してる。浦和に幸運を!!
★【大宮】勝って無念の降格
“残留神話”ついに崩壊。浦和も敗れてV逸と埼玉勢にとっては“最悪の日”

★第34節試合結果
2014Jリーグ DIVISION1 第34節
2014年12月6日(土) 15:33キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-2(前半1-0) 名古屋グランパス
得点者:2分 槙野智章、72分 牟田雄祐(名古屋)、89分 永井謙佑(名古屋)
入場者数:53,091人

選手交代:
65分 宇賀神友弥→関根貴大
74分 青木拓矢→マルシオ リシャルデス
86分 平川忠亮→鈴木啓太

警告:
24分 阿部勇樹
47分 宇賀神友弥

スタメン:
GK:西川
DF:森脇、那須、槙野
MF:平川、阿部、青木、宇賀神、柏木、梅崎
FW:李
SUB:加藤、坪井、永田、啓太、関根、マルシオ リシャルデス、矢島