浦和レッズは何故天皇杯で優勝できなっかたのか?

天皇杯が終わり多くのサッカーメディアが浦和レッズが何故天皇杯で優勝できなっかたのかを分析しています。既にペトロヴィッチ監督の2016シーズンの続投は決まっていますがかなりの大きなチーム改革あるいは補強をしない限り今季もまた同じような結果に終わってしまう気がします。

★天皇杯でも露呈した勝負弱さ 浦和が“シルバーコレクター病”に苦しむ2つの理由
ペトロヴィッチ監督のトレーニングは紅白戦が基本であり、状況を切り取った戦術的なトレーニングは全くと言っていいほど行われない。
指揮官の焦りがにじみ出た交代策、大一番で普段どおりではないプレーや采配が生まれてしまう。
Soccer Magazine ZONE web
zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160102-00010001-soccermzw-socc

★浦和はまたも期待に応えることができなかった なぜ優勝できないのか
浦和の槙野がCS敗退後、「広島やG大阪は我慢強く守れていたり、内容が悪くても勝ちきる勝者のメンタリティーがある。内容で圧倒しても結果はついてこないというのを痛感した」と語っていた。まさにその通りだろう。
試合の展開に応じた戦い方もできるよう、バリエーションに富んだ練習を日頃から行う必要はないだろうか。
産経新聞
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160101-00000537-san-socc

★浦和監督、就任4年間を年間タイトル無冠で終える。原因は「何かが足りない」
指揮官は「勝てなかったということは何かが足りなかった」と、無冠の具体的な原因については言及していない。
フットボールチャンネル
zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160101-00010016-footballc-socc

★またしてもG大阪にタイトルを阻まれた浦和…興梠「勝負どころで弱いだけ」
G大阪にタイトルを阻まれ続けている現状を、興梠は「自分たちも一生懸命やっているし、わざと負けているわけじゃない。勝負どころで弱いだけ」と冷静に見つめる。
ゲキサカ
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160101-01556709-gekisaka-socc

★【G大阪】タイトルを手繰り寄せた「53分のCK」。“ブロック役”を担った今野泰幸と金正也が「緻密なサインプレー」
“おしくらまんじゅう”状態のなか、槙野と競り合っていたパトリックがわずかに距離を取ると、その手前で阿部と競り合っていた今野が槙野の走るコースを潰してブロック。上手く回り込んだパトリックは、ペナルティマーク付近で完全にフリーとなり、余裕を持って右足を振り抜いた。
SOCCER DIGEST Web
zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160101-00010011-sdigestw-socc

★天皇杯の勝敗を分けた3つの精度。ガンバにあってレッズに足りなかったものとは?
勝負事というものは多少の運も関係するが、この日のガンバはレッズよりもファイナルに向けた準備がしっかりできていた。それが実を結んだと言えるだろう。
SOCCER DIGEST Web
zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160102-00010003-sdigestw-socc&p=2

★G大阪の長谷川監督、無冠回避に安堵「10個の銀を集めても金にはならない」
決勝ゴールとなったCKからのパトリックのゴールについても、「セットプレーが鍵になることは選手に話していた」と事前の準備が勝利に繋がったことを強調している。
フットボールチャンネル
zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160101-00010017-footballc-socc

★天皇杯決勝 浦和、G大阪に「苦杯」 何が“明暗”を分けたのか?〈dot.〉
準決勝ではスタメンだったズラタンをベンチに置き、李忠成を起用した。ズラタンは今シーズンのG大阪戦では、リーグ戦とCSで全得点(3点)をあげている。ただ、柏との準決勝で決勝点を決めたのは李忠成だった。
dot.
zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160102-00000002-sasahi-socc

★また優勝ならず。浦和がタイトルを獲得するためのラストピースは何か
優勝に手が届かない。優れた試合内容を勝利につなげるためには、フィニッシャーの存在が必要だ。それは興梠や武藤などの既存戦力であってもいいし、もちろん、新戦力の獲得も一手だろう。いずれにしても、それこそがタイトル獲得へのラストピースとなるはずである。
webスポルティーバ
zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160103-00010002-sportiva-socc

★サッカーの奥深さを感じさせた決勝、天皇杯漫遊記2015 浦和vs.G大阪
シュート数「20:9」という数字からも明らかなように、試合内容そのものは浦和がほとんどの時間を圧倒していた。またタイトルへの渇望についても、この試合に関しては浦和のほうが高かったように感じられた。そうした逆境をG大阪が覆す要因となったのは、チームとしての応用力であり、指揮官の期待に応えた若手の成長であり、そしてほんのわずかな運の差であった。
スポーツナビ 宇都宮徹壱
sports.yahoo.co.jp/column/detail/201601020003-spnavi

★【検証】浦和はなぜ大一番で負け続けてきたのか? 「楽しむ」という言葉に抱いた違和感

ペトロヴィッチ監督の采配が疑問視されるが、むしろ差が出たのはスカウティング力と、それを選手たちに落とし込む作業だったのではないだろうか。もしかすると、そういった対策を練る作業を含め、浦和はペトロヴィッチ監督に依存し過ぎているのかもしれない。浦和のスカウティング部隊は機能しているのか、その情報を現場で共有できているのか、それとも指揮官がスタッフの話にあまり耳を貸そうとしないのか、その点は検証すべきだ。

決戦前の「試合を楽しみたい」というコメント。意識や姿勢に、チーム内にズレがあるのでは。
大一番での前提が「勝つ」のか「楽しむ」のか、そのあたりの意識や姿勢にも、チーム内にズレがあるのかもしれない。むしろ試合中、無理に「楽しもう」としているように見受けられるシーンもあった。勝負への厳しさ、勝負ごとへのこだわりを欠いているように感じてしまうのだ。
SOCCER DIGEST Web
zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160104-00010004-sdigestw-socc&p=1

★引退した鈴木が最後に語った 浦和に欠けていたものとは…
パトリックのマークについた槙野が、今野のスクリーンプレーで弾かれ、パトリックをフリーにさせてしまった。一人一人の守備が悪い訳ではなく、浦和は練習でセットプレーの守備に多くの時間を割いていない。G大阪には相手の弱さを瞬時に見抜く「知恵」と、大舞台でスクリーンプレーを成功させる「勇気」があった。
スポニチアネックス
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160105-00000085-spnannex-socc