日本クラブユース選手権(U18)三菱養和が31年ぶりに優勝!

第38回日本クラブユース選手権(U18)大会は8月2日、横浜市のニッパツ三ツ沢球技場で決勝を行われ三菱養和がFC東京を破り、なんと31年ぶり優勝を果たした!

優勝したのは、Jリーグのクラブの下部組織ではない三菱養和。
山本監督は「毎年決勝はスタンドの上から見るものだと。今年もみんなで一緒に見て勉強しようと思っていた」と笑ったそうです。

MVP 下田 悠哉(三菱養和SCユース)
MIP  蓮川 雄大(FC東京U-18 )
得点王 ディサロ 燦シルヴ(三菱養和SCユース) 6得点 蓮川 雄大(FC東京U-18 ) 6得点
フェアプレー賞 コンサドーレ札幌U-18

★三菱養和SCユース
監督 山本 信夫
コーチ 庄内 文博(ヘッドコーチ)本田 貴宏(GKコーチ)佐藤 洋(トレーナー)西子 実(部長)漆間 信吾(統括)
ジュニアからユースまで一貫指導の中で選手を育成し、Jリーグ・大学等で通用する選手の輩出を目指しています。「和」の精神を大切に、勝利を目指して最後まで諦めずに全力で戦います。