コパチーバス2016に出場した浦和レッズユースは15チーム中4位で大会を終了。

コパチーバス2016、『Copa Chivas Internacional 16』に出場した浦和レッズユースは決勝トーナメントに進出し15チーム中4位で大会を終えました。世界の強豪ユースチームを相手に4位は素晴らしい結果だったと思います。また時里元樹が7試合5得点で大会得点王になっています。

★3位決定戦の試合結果
Copa Chivas Internacional 16 決勝トーナメント
2016年1月23日(土)12:00キックオフ・Verde Valle
浦和レッズユース 0-1 ATLAS
GK 山田
DF 関慎、橋岡、遠藤、高橋
MF 松尾(→高山)、影森、伊藤(→川上エド)、シマブク(→松高)、川上
FW 時里

★コパチーバス2016参加チーム
GROUP A:チーバス(メキシコ)、浦和レッズ、FCミットラン(デンマーク)、ボカ・ジュニアーズ(アルゼンチン)、パルメイラス(ブラジル)
GROUP B:ベンフィカ(ポルトガル)、モンテレイ(メキシコ)、クルゼイロ(ブラジル)、ティファナ(メキシコ)、FCダラス(アメリカ)
GROUP C:トットナム(イングランド)、アトラス(メキシコ)、リバー・プレート(アルゼンチン)、パチューカ(メキシコ)、カトリカ(チリ)

★コパチーバスとは?
メキシコのグアダラハラに本拠地を置くクラブ・デポルティーボ・グアダラハラ(通称チーバス)が、海外から多くのチームを招待して開催するユース年代の国際大会。アメリカ大陸で行われるユース年代の大会としては最大級のもので、世界中から参加希望クラブが殺到する大会。